家を建てたり、改築したりと言う際に、オール電化を導入したと言う話しを耳にする機会があります。オール電化を導入するメリットとして、光熱費を安く抑えることができると言うのが一番の魅力になって、思い切って決めたと言う人が多いようですが、中にはもう一歩踏み込んで光熱費を押さえる考えを持って、ソーラーパネルを取り付けたというのも聞きます。もちろんソーラーパネルを取り付けると電気代がもっとお得になるというのが、そのきっかけになっているようですが、実際初期投資と比べてもお得になるものなのでしょうか。

基本: モジュール | The Definitive Guide to Yii | Yii PHP Framework

10年くらい前であれば、ソーラーパネルや蓄電池自体がかなり高価なものだったので、元が取れるまでに、消耗部品の交換時期が来てしまい、メリットを出すのは難しいといわれていましたが、最近のソーラーパーネルは変換効率がかなり上がってきているようで、以前と比べるとかなり早い段階で償却が終わって、光熱費が浮いてくると言うメリットを享受できるようになったようです。

太陽光発電 電気代

元を回収できれば、単純にオール電化にした分に加えて、余剰分を売電したり、日中の電気代をあまり使わずに、売電にまわして、その代わりに夜の安い電気代で電力を消費する事で、差額分としてかなり光熱費を抑えられるようです。そうなれば、浮いたお金で食事に行ったり、遊びに言ったりという機会も増えるでしょうから。

京都市:平成25年度京都市住宅用蓄電システム設置助成制度

生活にもゆとりが生まれて良いことだらけになる可能性が一気に膨らむ楽しみがあるようです。思い切ってソーラーパネルまで取り付けたというのも納得できる暮らしが待っているようです。