世間一般的には、何となくその職業に就いている人数の多いイメージのある職業に、「司法書士」があります。全国のだいたいの市町村におおむね一人以上存在し、街を歩けば「司法書士事務所」の看板も比較的よく見かけることから、冒頭のように漠然と「司法書士を見る機会が多い=司法書士は多い」と考えてしまいがちですが、実際はそんなことはありません。

司法書士 郡山

司法書士になるには、他の書士と同様に資格を取得する必要があります。資格には難易度があることは、多くの人がご存知ですが、実は司法書士資格は「司法試験」や「弁理士」と並ぶほど難しく、その合格率は受験者の約2%程度なのです。
受験する人の層は様々ですが、中には「何度チャレンジすれば司法書士の資格が取れるんだろう」と思い悩む人もおり、合格に至る道への険しさを伺わせます。

民事再生と会社更生

ちなみに、司法書士試験の合格者に目を移し、どのような人が、この資格を取得できたのかを見てみると、一般的に「超難関大学」と言われている学校を合格した人などが多くいる様子です。

藤沢市|多重債務相談

しかし、例えそれらの大学の出身では無い一般的な学歴の人の中にも、司法書士試験を突破した方がおり、決して合格は不可能ではないことを体現してくれています。また、この合格者の中には、インターネット上で「自分がどのような勉強をして、試験を突破したか」といった体験記を公開している人もいますので、もしもこれから司法書士試験に挑もうという方がいれば、一度それらの記事を見てみると良いかもしれません。